逃げることは星の視点から自らを見つめること。

生き抜くための逃げBarをつくりたい

思えば逃げてばかりの人生だった。

最初に思い返すのは幼稚園の頃。
友達がしていたからサッカークラブに加入したのだけど
人とぶつかりに行かなくてはいけないのが嫌で辞めてしまった。
そのあとはネットで壁を挟むテニスに転向して、そこからは長く続いた。

進学においても一度もチャレンジした覚えがない。
指定校推薦で行ける範囲で、どこか妥協しながらも無理なく進んだ。

大学をでてからは逃げっぷりが加速する。

新卒で入った会社は半年も経たずに退職し、”現代の駆け込み寺”というコンセプトのシェアハウス「リバ邸」を横浜に立ち上げ、ゆるい就活という週3で15万稼ぐための就活プログラムに参加し、そこで入れてもらった会社ではVRのマーケティングをして仮想現実の世界に逃げ込み、サイレントフェス®︎というワイヤレスヘッドホンを使い外界の音を塞ぎ自分の世界に没入する音楽体験の事業を始める。

始めたはいいが初期投資でお金を使い切ってしまったので、熊本のエコビレッジ「サイハテ」や大阪西成の通称「あいりん地区」に行きお金がなくても生きていけそうな新たな生活の様式を模索する旅にでる。
 

昨年つくった「Ozone」という会社ではSDGsという世界を変革するためのグローバルゴールに取り組んでいるのだが、未来を変えるための課題提起、啓蒙をするのではなく、こうなったら良さそうだなという未来を今フェスとしてつくってみようというアプローチで、できるだけ変革を促さないようにしている。要は現実を直視せず、理想的な場所をまずつくってみようということなのでめっちゃ逃げている。

という書き出しから始まるこちらの記事を書いたのが今からおよそ3年前。

それからというもの、生前葬をしたり、aiが神になった世界の話を書いたり、逃げっぷりは加速し、近年は不覚にもサウナという逃げ場を覚えてしまったばかりに、仕事中疲れたらすぐに銭湯に逃げる癖がついてしまっていて、社会人として割とどうしようもない私、あめみやが「逃げBar White Out」のオーナーをさせていただいてます。はじめまして。

はじめまして

”体験作家”というコンセプトで主に音楽フェスのプロデューサーをしています雨宮優(アメミヤユウ)と申します。体験作家、というのは仮想の世界の物語を小説として書き、その世界を1日だけフェスとして現実の体験に表現する、というコンセプトで、造語です。

仮想世界と現実を混ぜ込みながら、何が現実なのかよく分からなくなる体験をつくっていて、逃げ癖が更に悪くなっているとも言えます。

細々とOzoneという会社を続けながら慎ましく生活を営んでいるのですが、このたび長年の望みであった店舗「"逃げBar" White Out」をつくりました。そしてだいたい毎日1人で頑張って営業してます。

逃げBar White Out

逃げBarとは名前の通りの逃げ場。Barとついてますが昼もランチ営業していたり、ギャラリーや撮影スタジオとしてもご利用いただけます。

場所は横浜駅から一駅の三ツ沢下町駅から徒歩1分の路面店。
渋谷からだと東横線の反町駅から歩いて10分で、横浜駅からも歩いて20分ほどです。
この店のポイントは大きく3つ、、

1つ1つご紹介させていただきます。

 

①ノンアルでアガる、日本初の”エリクサー”バー

エリクサー、というとFF?ドラクエ?みたいな感じですが、実は数年前から西海岸の方でアルコール以外のもう1つの選択肢として作られているドリンクの総称です。世界中で”霊薬”と呼ばれるナチュラルなスーパーフードを使っており、その形はスムージーだったりサイダーだったり様々。スーパーフードの薬効で、ノンアルだけど酩酊効果があったり、チル感があったりするので、二日酔いの心配もなくヘルシーに気分を高められたり、シーンに合わせて調律することができます。

最近だとブルックリンのSober Bar(アルコールを置かないバー)「Getaway」がSNSで話題になりましたが、"逃げBar"「White Out」ではノンアルデーを作りつつも、アルコール類も置きます。僕が初めてエリクサーを体験したのはオレゴン州のとあるフェスティバルだったのですが、そこにあったエリクサーバーも同じようにアルコールと一緒に提供していて「どちらか」ではなくて、選択肢を増やすという方がフェスっぽいなと思うし、逃げBarっぽいなと思うからです。

実際のエリクサーメニューは、薬草キュレーターで伝統茶{tabel}代表の新田 理恵さん監修の下、薬効のあるノンアルカクテルを独自に開発中。アッパー系からチル系まで随時新たなラインナップを展開していきます。

②全体真っ白で無音のヘルシーなDJシステム

来場者全員で専用のワイヤレスヘッドホンを装着し、DJやライブをオンタイムで共有する”無”音楽イベント「サイレントフェス®︎」システムを常設し、真っ白な空間で朝でも昼でも夜でもいつでも高音質、大音量のライブを楽しむことができます。(常に行われているわけではないので、スケジュールはイベントページをご参照ください。)

休日夜でなく平日昼、爆音でなく無音、地下でなく1階、暗くなくて明るくて、アルコールでなくエリクサー、という既存のクラブを反転させたようなヘルシーな新しい音楽体験のシーンを「White Out」から創出していきます。

 

営業中の回復に、家事中のリフレッシュに、音楽、ライブをもっと日常に寄り添う音薬にしていければと思います。専用機材セットで箱貸しも行うので、サイレントイベント開催にご興味ある方もぜひご連絡ください:) 

 

③無料でランチ?セレンディピティ経済圏

White Outではあなたの次にお会計をするお客さんのためにランチ代を先払いしておくことができます。逆にいうと、顔も知らない誰かから突如奢られる可能性が誰にでもあります。更に、コーヒーを1杯分誰かのために先払いしてストックしておくこともできます。ストックされたコーヒーがあることは店頭に掲示され、どなたでもそれを使いコーヒーを飲むことができます。

もちろんこれらは任意制で、前の方が先払いしてくれたからといって同じように恩送りしなくてはいけないというわけでもありません。

ただ、料理の対価にお金を払うという一方向的な流れだけでなく、支流をつくることでいつでもセレンディピティ(偶然の幸福)の可能性がある店舗になっていければと思ってます。

左図は、3年前に開催した「Quantum」というフェスでつくった"誰かのためにしか使えない"フェス内通貨「Quantum Money」。これもWhite Out限定通貨として気まぐれにばら撒いてみようと思ってます。

なぜ、逃げBarなのか

そもそも「逃げること」とは何なのか考えました。嫌な感じのすることから去ること、捕らわれそうな何かの力が及ばない場所に身を置くこと、人それぞれいろんな解釈があると思いますが、自分は「星の視点から自らを見つめること」だと今は考えてます。「人は死んだら星になる」という寓話が好きなのですが、逃げようと思うときはまさに自らの命や人生を俯瞰した時に覚悟が決まるなぁと振り返っています。

しかし、小学生の時は学校と家庭だけが世界だったように、日本しか知らなければ日本だけが世界のように、世界は自らの意識の範囲でできていて、ゆえにその世界のルールは時折絶対のものと思ってしまい、自死しか逃げ道がないと考えてしまうことがあります。

2018年、未成年の自殺者数が78年以降最悪の数値となりましたが、そのうち3割が学校の問題と言われています。もうどうしようもなく変わらないと思ってしまっている世界じゃない、もう1つの世界を感じられるような異空間を、異文化を、異場所を、誰でも気軽にふらっと入れる駅近の路面店、Cafe&Barのような形態でつくりたいとずっと考えていました。

都市はオンラインでも、オフラインでも人々の意識が吹雪のように吹き荒れていて、俯瞰して自らを見つめるには視界が不明瞭な現代です。逃げるためにはまず、吹雪から身を守る山小屋のような、何もないイマジネーションサンクチュアリが必要なように思いました。

 

それは本当は海や森や自然そのものがそういう機能を持っているのですが、そこまで行かずとも都心から30分圏内でノイズキャンセリングできる居場所を、ということで横浜につくることにしました。

命の終わりを考えてしまうような時、自分は音楽フェスが醸している自由が保障されているような空気に助けられていました。そこには人それぞれが自分の心地よさを大切にするからこそ、互いにケアしあうコミュニケーションがあって、人と人だけでなく自然との繋がりを感じて大切にする文化があって、当たり前に多様で、フェアで、それらを音楽が一体感をもたらして繋げてくれる、そういう逃げ場でした。

そして逃げBarも、そういう逃げ場です。

今は世界が真っ黒にしか見えないかもしれないけど、いつだって世界は真っ白で、選択肢は無限にあることを感じられる真っ白な空間にしたいという想いを込めて「White Out」という名前にしました。

逃げBarは今後、うまく回っていけたら”森の中の逃げBar”「Green Out」"星の側の逃げBar"「Star Out」など日本全国に色々な逃げ場をつくっていけたらなぁと妄想してます。

前に進んでも後ろに進んでも、どれだけ登ってどれだけ落ちたって、世界は拡張されていきます。どこに進むべきかなんて、人類何万年の歴史の中で誰1人証明できていないし、きっと分かりません。諸行無常、盛者必衰の理の中でただただ動き続けること、バイオリズムそのものが命を規定し、世界を世界たらしめているのではと思います。

逃げることは恥でもなければ後退でもない、退化でなければ負けでもない。僕らを僕らたらしめる行為として尊重して、普通に選択できる選択肢としてパブリックとリレーションしていける場をつくれればと思ってます。

​営業日はほぼ毎日カウンターに立ってますので、お気軽に話しかけてくださいね:)